防災

今日から9月ですね。9月1日は防災の日。

当園では、子ども用の防災頭巾を2種類のサイズで用意しています。遊びの中でも子どもが被りたがる時には被らせて、慣れ親しみ、いざという時に不安な気持ちを軽減できるようにと考えています。職員用のヘルメットは、省スペースの【オサメット】というものを用意しています。

備蓄関係は、応援企業の皆さまから色々といただきました。

↑備蓄セット(かいり歯科クリニック様からいただきました)

↑なんと25年も保存できるという保存食!(ひかり歯科医院様からいただきました)

↑缶詰セット(高野博幸公認会計士税理士事務所様からいただきました)

使う日が来ない方がいいですが、いざという時に欠かせない備蓄品。とても心強いご支援です、ありがとうございます。

このほか、紙おむつやお尻拭きなどは普段の保育での予備用(忘れた時用)と備蓄を兼ねて多めに保管したり、紙皿や紙コップ、ストローや割り箸など教材として使う場面も多いものも、多めに保管しています。また、麦茶や紙コップ・ウエットティッシュなどは、常に複数ケース買いをしてローリングストック法(買い置き備蓄)も取り入れています。

つくばみらい市では昨日今日と急に激しい雷雨があり、近隣では停電をした地域もありました。地震だけでなく、自然災害はいつ何が起こるかわからないので、定期的に確認をして備えていきたいと思います。