こんな時期もありました(笑)

おはようございます、鈴木です。

昨日の記事で、イヤイヤ期って大変という話を書いたのを機に、我が子のイヤイヤ期ってどんだなったかなぁと振り返ってみました。

育児日記のようなものを書いていたのですが、イヤイヤ期に入る少し前の頃に「あえて親馬鹿になって褒めまくってみる」というテーマで書いている日がありました。

【ざっと書き出しただけでこんな感じだから、かなり楽になったのが改めてわかる♪】と、結びに書いてある状況が下記です。

最近の〇〇は本当にいい子!

ちゃんと早寝早起きだし(毎日5時過ぎに起こされるのは少しつらいけど)

ご飯はよく食べるし(時々「マンマ!」うるさすぎて萎えるけど)

スプーンで食べるのも上達したし(全身&周りはご飯粒まみれだけど)

寒さに負けず元気に遊ぶし(寒い中を毎日公園に行くのはママつらいけど)

道行く人にちゃんと挨拶もするし(話し掛けてこない人にまで延々と会釈したり手を振ったりして恥ずかしいけど)

帰宅したら手洗いもするし(もっと水触っていたい~ってグズって濡れた手を振り回すけど)

絵本を読んでほしけりゃ持ってきて膝の上に座るし(ストーリー無視でガンガンめくったり戻ったりしながら、同じのを延々と読まされるけど)

欲求も大半がわかりやすく表現するようになったし(意味不明に癇癪を起こして叫ぶこともあるけど)

こっちの言うこともかなり通じるし(ニヤニヤしながらわざと逃げたり悪戯したりもするけど)

お風呂も1人で入れるし(正確には私がマッハで全身を洗う間、湯船で遊んでいてくれるだけだけど)

頭からお湯かけても嫌がらないし(シャンプーMIXのお湯を舐めちゃうけど)

ゴミ箱もあさらなくなったし(代わりに古新聞とチラシを入れた袋をあさってばらまくけど)

添い寝だけで寝てくれるし(まだ一緒の布団じゃないとダメで、寒いのに布団蹴るし布団から出ちゃうけど)

これに加えて猫みたらニャーって言ったり、意味不明語を喋りながら一生懸命歩き回っていたり、色々可愛い仕草も増えてホント楽しい日々・・・(略)

何だかんだありつつも、ポジティブにとらえてみよう!という思いで書いたんだと思いますが、イヤイヤ期に比べたらどれも可愛いもの、これで楽になったと言っていること自体が笑い話です。この少し後にイヤイヤ期になると【ギャン泣き】【癇癪】【わからない】【イライラする】などの文字のオンパレード(苦笑)

今となっては、「そんなことあったっけかなぁ」くらいに記憶も薄れていますし、思わず笑ってしまうエピソードもいくつもありました。

【一度崩れると長い!しつこい!全然諦めない!】と思いのたけを書いている当時の自分には、笑い飛ばす余裕なんてなかったわけで、今まさにというお父さんお母さんにとっても笑いごとではないでしょう。延々と続くようなイヤイヤのループを前に、いつか笑い話になるよと言われても・・・という気持ちもわかりつつ、少しでも、誰かの気持ちが楽になれば嬉しいです(*´▽`*)